スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック個人再生 ライフカード可決→ダイナース取得

属性は30代、賃貸2年、妻子あり、勤続10年、600万。
身内の保証人で個人再生してブラックに。16~18年度で300万返済完了。

開示もせずに8社突撃しライフカードのみS20C0で可決。
開示したところ全銀とCICに官報情報有り。
全情皿の完済情報有りだが官報情報なし(ブラックではないとのこと)。

その後半年はライフカードでクレヒスつくりに専念。
4月からCICが官報載せないのでNTTグループカードに申込可決。

その後は入れ食い状態。挙句の果てには茄子(ダイナース)まで持てた。
今はカードの整理を考えている。
与信枠は茄子で十分だし、VとMがあるので
JとAはしばらくして解約予定。

たったひとつのクレヒスで世界は変わる!

クレヒスの大切さが実感できた。
全銀、CIC官報有りでライフが可決された時は自分でも信じられなかった。
CICのおじさんは稀にこういうこともあるみたいなことを言っていた。

さらに、全銀官報有りで茄子が取れるとは夢にも思ってなかったが、結局審査なんて謎だらけだよ。

【関連記事】
>>アコムマスターカード(アコマス)
>>ブラック・破産免責5年 楽天カード
>>ブラック JICCに成約残しあり開示して削除後・ファミマTカード取得
>>ブラック・JICC成約残しあり マジカルクラブカード
>>ブラックに審査が甘い外資系カード
>>ブラックでもファミマTカード発行・免責からまだ3年
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。