スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック破産 情報開示せずTSUTAYA Wカード可決

一切信用情報を開示などしていないブラックなので、参考までに。

勤続15年・配偶者なし・公営住宅・年収税込み約500万弱。
2002年11月に負債600万近くで破産・免責。
2009年5月にTSUTAYA Wカードをネットで申し込みして可決(S10C10)。
C枠は希望した覚えが無かったので、即刻潰してもらった。
在確の有無は不明(席にいない時間が多いため)。

続いて6月に、ヨドバシカメラ ゴールドポイントカード IC eLIoを店頭申し込みで仮カード発行(仮S15)。
会社に在確あり(たまたま伝言が残された)。
本カードも程無く到着、S30となった(C0は希望による)

通勤定期の運用などに都合が良いと思い、View-Suicaプロパーを郵送申し込み。
郵送だと結構時間が掛かると聞いていたが、結局2週間足らずで発行(C30)。
書類の受理を確認しに電話したが、審査を煽ったと思われたのかも。

いずれにしても、自分としては使い道を考えての3枚。
大事に使っていきたい。

【関連記事】
>>アコムマスターカード(アコマス)
>>ブラック・破産免責5年 楽天カード
>>ブラック JICCに成約残しあり開示して削除後・ファミマTカード取得
>>ブラック・JICC成約残しあり マジカルクラブカード
>>ブラックに審査が甘い外資系カード
>>ブラックでもファミマTカード発行・免責からまだ3年
>>ブラック 免責後5年でOMC jiyu!da!カード
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。