スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12年前自己破産して楽天ゴールドを取得するまでの流れ

12年前自己破産
2年前シンキで50枠カード作成(合計10万利用。完済済み→24回位で払った→ヒス用)
半年前TS3申し込み→NG
先々週楽天ノーマル申し込み→OK(S30C0)
一昨日楽天ゴールド申し込み→OK(今日OKのメール有)

楽天ノーマル作成→ETC作成(OK)→カード払い18k一度だけ使用→光回線のプロバイダのみ楽天へ変更申し込み
→楽天証券申し込み(書類まだ届いてない)→楽天ゴールド申し込み
上記の流れでした

34歳契約社員(大手一部上場勤続3年9ヶ月:戸建5年半:固定電話有:独身二人暮らし)

【関連記事】
>>平成18年自己破産・楽天カード審査可決
>>喪明けクレヒス無しの40歳手前男性が取得できるカードは?
>>元携帯会社社員が語るブラック喪明けと携帯分割の審査
>>アコムマスターカード(アコマス) ←必見!
>>破産免責1年ちょっとのブラックがカード審査通過した理由
>>ブラック喪明け直後にANAアメックスゴールド審査合格
>>ブラックに審査が甘い外資系カード
>>スーパーホワイトがクレジットカードを取得するまでの流れ
>>ブラック破産 ANA・AMEX取得報告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。